ルーレットの配当を理解する : ゲームを理解する

ルーレットに挑む前に、このゲームにおける数学の重要性を理解する必要があります。特に、どのバージョンのルーレットをプレイするか決める際には、ハウスエッジをチェックすることが重要です。さらに、プロのルーレットプレイヤーはシンプルな計算式を使って、勝率を計算しています。

最大限の結果を得るためには、賭け金の勝率とハウスエッジの大きさを理解しなければなりません。確率論における結果を知ることで、より多くの情報に基づいた決断を下すことができ、主にルーレットテーブルで賭け方を選ぶ時の助けとなります。そこで私は、ルーレットの基礎を理解し、さらに最も重要な配当を理解するためのガイドを作成することにしました。

 

ハウスエッジ 

すべてのゲームで最も肝心なルール

この用語になじみがない方のために説明すると、ハウスエッジとはカジノがプレイヤーに対して持つ優位性を指します。つまり、ハウスエッジはカジノ側が賭け金から徴収する手数料のことを指します。ここで重要なのは、ハウスエッジはゲームによって異なるということです。

ルーレットの場合、賭け金にかかわらずハウスエッジは変わりません。ただしアメリカンルーレットの場合は例外で、ファイブ・ナンバー・ベット(5点賭け)の場合は、7.90%のハウスエッジとなります。ハウスエッジに関して言えば、ルーレットはミッドレンジのカジノゲームであり、ホイール上に何個のゼロがあるかによって変わってきます。

ルーレットのハウスエッジはスロットと比較してかなり低いと言えましょう。オンラインでプレイできるルーレットにはさまざまな種類がありますが、ここでは最も人気のあるものをご紹介します。ヨーロピアンルーレットのハウスエッジは2.70%、アメリカンルーレットは5.26%、フレンチルーレットは1.35%です。

ベットの確率

初心者の方は、オッズや確率といった用語が同じ意味で使われていると思うかもしれません。ですが、この2つの用語の概念は異なるため、その違いを理解することが重要です。では、この2つの違いを簡単にご説明しましょう。

例えば確率という言葉の場合、何かが発生する可能性を意味しています。分かりやすい例を挙げると、コインを投げると2通りの結果が起こり得ます。その場合、勝つ確率と負ける確率はイコールです。

以下の表は、アメリカンルーレットで勝つ確率を表しています。

  • 赤 / 黒             48.64% 
  • 偶数 / 奇数     48.64% 
  • ハイ / ロー      48.64% 
  • コラム              32.43% 
  • ダズン               32.43% 
  • ダブルストリート  16.21% 
  • ファイブ・ナンバー・ベット  13.15%
  • コーナー           10.81%              
  • ストリート          8.10%   
  • スプリット          5.40%   
  • ストレートアップ  2.70%

 

カジノオッズとトゥルーオッズの違い

プレイヤーがオッズという言葉を使っているのを聞いたことがあるかもしれません。先に説明した通り、確率と同じように使っている人もいます。しかし、オッズは確率とは異なります。これは勝つ方法の数のつながりを表しています。

オッズの場合、18:19という表記が用いられますが、確率はパーセンテージで表します。トゥルーオッズ(実際のオッズ) を知るには、勝ちの数を負けの数で割ればいいのです。つまり、先ほどの例で言うと、勝ちが18回、負けが19回です。

ここでハウスオッズとトゥルーオッズの間に線引きをしましょう。まずハウスはプレイヤーに対して賭けを提供しているということを理解する必要があります。そして勝つ可能性が最も低いベットで高い配当が得られるケースを目にすることも頻繁にあるでしょう。では、カジノ側はルーレット台からどのように利益を得ているのでしょうか。

これは単純な話です。もしポケットが全37個ある、「0」1つのホイールでプレイしているとしたら、ストレートアップで勝てるポケットは1個だけで、負けは36個です。この場合、トゥルーオッズは1:36になります。ハウスエッジがない理想的な世界では、勝つチャンスは逆になり、36:1のようになるかもしれません。

このガイドが、ルーレットの理解を深めるのに少しでも役立つことを願っています。